山梨県 都留市 ボトックス注射 野村眼科医院

山梨県都留市四日市場8-6

0554-20-8070

ボトックス注射

ボトックス注射による治療

当院では、ボトックス注射による「眼瞼けいれん」「片則顔面けいれん」の治療を行います。まぶたがピクピクして目が開けられない、顔の半分がピクピクするといった症状でお悩みの方はご相談ください。

※ボトックス(ボツリヌス毒素):ボツリヌス菌が産生する毒素で、筋肉の働きを抑える作用があります。

眼瞼けいれん

眼瞼けいれんは、目のまわりをぐるりと囲んでいる筋肉(眼輪筋)が意図せずに収縮してしまい、まぶたが開きにくくなる疾患です。必ずしもまぶたがけいれんするわけではありません。40歳以降の中年女性に多く見受けられます。

眼瞼けいれんの原因

眼輪筋を含む顔の筋肉は、顔面神経によって制御されていますが、眼瞼けいれんは、この顔面神経に指令を与える脳の深部(大脳基底核)の異常により引き起こされるのではないかと言われています。しかし、はっきりとしたメカニズムはわかっていません。

眼瞼けいれんの症状

瞬きが異常に多くなったり、まぶたがピクピクしたりします。ほかに羞明(光をひどく眩しがる)、眼痛、異物感、目の乾き、痒みなどの症状が見られます。
症状が進行すると、目が次第に開けづらくなり、最終的にはまぶたが閉じてしまって目が見えなくなってしまったりもします。

眼瞼けいれんの治療法

眼球に異常がある場合は、その原因疾患の治療が必要になります。原因不明の眼瞼けいれんには、眼輪筋にボツリヌス毒素を注射します(保険適応)。ほかに、遮光メガネなどの特殊なメガネによる治療、内服薬(抗けいれん薬、抗コリン製剤、抗不安薬、抗うつ薬など)による治療などが行われます。また、難治症例では、眼輪筋の切除やまぶたを持ち上げる手術が行われたりもします。

片側顔面けいれん

片側顔面けいれんとは、顔の半分が自分の意思とは関係無くけいれんする疾患で、ふつう目の周囲から始まり、徐々に口元へと広がっていきます。最初のうちは、まぶたがピクピクする程度ですが、次第にあごの下の筋肉もけいれんするようになります。頻度にしても、最初は緊張した時だけですが、だんだんと時間が長くなっていきます。やがて一日中、時には就寝中も起こるようになったりします。
原因は、脳の深部で、顔面神経に血管が接触して圧迫することです。

本人が困っているようなら治療

病気自体は命にかかわるものではなく、放置しても差し支えはありません。しかし、自分の意思とは関わりなく顔面が動くということで対人関係に苦労し、仕事上も他の人と会う仕事に差し障る、などの不都合が生じたりします。また、片目をつぶってしまう、ということから、機械の操作が不自由になる、自動車の運転の際に片目をつぶって事故を起こしそうになる、といったことで困ったりもします。したがって、ご本人が困っている場合には、治療を考えることになります。

片側顔面けいれんの治療

この病気に対する治療法は、基本的には2つです。1つは手術で、脳の深い部分で神経と接している血管を剥離・移動して、神経への接触を解消します。もう1つは対症療法であるボツリヌス毒素による治療です。ボツリヌス毒素を希釈した薬を顔の筋肉に注射すると、顔の筋肉が麻痺して、けいれんが起こりにくくなります。根本的な治療法ではありませんが、症状の緩和にはとても効果的です。1回の注射で、3~4ヶ月は症状が軽くなります。

クリニック概要

医院名
野村眼科医院
診療内容
眼科・アレルギー科
住 所
山梨県都留市四日市場8-6
最寄駅
富士急大月線 赤坂駅
電 話
0554-20-8070
休診日
木曜、土曜午後、日曜、祝日
診療時間 日・祝
9:00~12:30
15:00~18:00

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。